加算パズル

Flash player support

2020年末までにFlashが終了しますが、このウェブ上のパズルゲームはHTML5に移行され引き続きプレイしていただくことが可能です。2019年末までには移行作業を終了する予定です。万が一Flashがお使いのブラウザでうまく作動しない場合こちらを参照ください。 説明

加算パズル テクニック

盤面上のマスには1~9の数字が入ります。同じ数字は入りません。三角マスの中の数字は、そこから始まるタテ、ヨコにそれぞれ区切られたブロックに入る数字の和になります。

Introduction

Step 1

左上の赤でハイライトされたブロックに注目してみます。ヨコ3マスで22になるコンビネーションを考えてみると、5+8+9と6+7+9の2通りあげられます。(慣れないうちは、マジックボックスで数字のコンビネーションを見てみましょう。) ここで、a1に入る数字を考えてみると、a1とa2の2マスで6(タテのブロックの合計)にしなければならないので、ヨコとタテの列を満たす数字は5しか考えられません。a1に5が決定すると、a2に1が決定します。

Step 1

Step 2

Step1から、b1とc1には8か9がいずれの順で入ることになりますが、この時点ではどちらになるか決定できません。そこで、c列に注目してみます。c列は、3マスの合計を11にしなければなりません。仮にc1に9を入れてしまうと、c2とc3に1が重複して入ることになるので、NGです。よって、c1には8が、b1には9が決定します。

Step 2

Step 3

c列の残りの2マスに入る数字を考えてみます。この2マスの合計は3なので、c2とc3には1か2の何れの数字が入ります。ここで、a2に既に1が入っていることに気づくと、c2には2が決定します。続いてc3には1が、b2には7が決定します。

Step 3

Step 4

タテf列に注目してみます。5マスの合計を16にするには、1+2+3+4+6以外のコンビネーションは考えられません。この時点では1,2,3,4,6をどの順で当てはめてよいかはわかりません。 ここで、真ん中のマスとクロスしている、ヨコ2マスで15になるブロックに注目してみます。ここには6+9と7+8のコンビネーションが考えられますが、f3に入る数字の候補は最大で6なので、f3は6に決定します。続いて、g3に9が決定します。

Step 4

Step 5

1行目右、ヨコ2マスの合計が13になるブロックに注目してみます。可能な2つの数字のコンビネーションは、4+9, 5+8, 6+7の3通りがあげられます。ここで、前のステップでとりかかったf列のコンビネーションで残り4マスには1,2,3,4のいずれかが配置されることを思い出します。この4つの数字の中で、f1に入る可能性のある数字は4しかありません。4がf1に決定すると、e1に9が決定します。続いて、e2に3が決定します。

Step 5

Step 6

2行目右、ヨコ3マスの合計が8になるブロックに注目してみます。Step5から、e2には既に3が入っているので、残り2マスで5になるコンビネーションを考えてみると、1+4, 2+3の2通りがあげられますが、e1には既に3が入っているので、2+3はNGです。よって、1+4のコンビネーションのみが候補になります。

f列には既に4が入っていることから、f2には1が決定し、続いてg2に4が決定します。

Step 6

Step 7

f列の残り2マスに注目してみます。この2マスの合計を、16-(4+1+6)で5にしなければなりません。2マスで5にするには、2と3のコンビネーションが考えられます。ここで5行目右、ヨコ4マスの合計が27になるブロックに注目してみます。f5に仮に2を入れるとすると、残りヨコ3マスを足して合計を25にしなければなりません。一番大きな数字のコンビネーション7+8+9を入れても合計は24にしかならないので、NGです。よって、f5には3が、f4には2が決定します。

Step 7

Step 8

ここで、ユニークなケースを検証してみます。右半分の盤面に注目してみます。先ず、右半分にあるすべてのタテのブロック d, e, f, g の合計は84(22+12+13+16+21)になります。次にd3以外のヨコのブロックの合計は75(13+8+15+12+27)になります。つまり、d3に入る数字は、タテのブロックとヨコのブロックの合計の差である9(84-75)になります。d3に9 が決定すると、続いてb3に3が決定します。

Step 8

Step 9

5行目右、ヨコ4マスで27になるブロックの残り3マスに入る数字を考えてみます。唯一3マスで25になるコンビネーションは7+8+9が考えられます。d列、g列には既に9が入っているので、9はe5に決定します。続いて、e4に4が決定します。

Step 9

Step 10

4行目右、ヨコ4マスで12になるブロックの残り2マスに入る数字を考えてみると、5+1が考えられます。d1に1を借り置きしてみると、タテ3マスで22にするには、d5に9より大きい数字を入れなければならないのでNGです。よって、d4には5が決定し、続いてg4には1が決定します。

Step 10

Step 11

もう少しで完成です。b列の残りの2マスに入る数字を考えてみます。この2マスの合計は、33-(9+7+3)=14になります。14になるコンビネーションを考えてみると、5+9と6+8の2通りがあげられます。b列には既に9が使われているので、5+9のコンビネーションを候補から削除すると、唯一6+8のコンビネーションが考えられます。仮に6をb5においてみると、a5にも6を入れないといけないことになるのでNGです。よって、b5には8が、b4には6が決定します。最後にa列下、a4に3を、a5に4を入れるとめでたく完成です。

Step 11